Web2.0

投稿者 nanki 2005-10-16 08:10:00 GMT

最近、ajaxやGoogle のおかげで、RIA,SOA が開発者に浸透してきた感がある。 次世代のplatform としてのweb という可能性が現実味を増してきた。

Microsoft がほぼ独占していたデスクトップ市場も、リッチなweb application の登場で、デスクトップOSに依存しないアプリケーションが登場すれば、かげりが見えてくるかもしれない。

かつてはその線に一番近かったJava は、ランタイムをWindows に標準搭載しないことで押さえ込まれた感じがするが、果たして今度はどうするのか。

いまさらブラウザを搭載しないわけにはいかないし。 こんどこそ、真っ向からの勝負になるんだろうか。

今のweb はちょうどWeb2.0に向けて、アプリケーションが出始めている状態だ。 これらを統合する今のデスクトップOSのようなものが現れるに違いないと思う。

それがどんな形をとるのか、まだわからないが、今のblog が一番それに近い気がした。 著名なblogツールはプラグインという形でさまざまなサービスをひとつのページに収めているが、これはまさに、今のデスクトップOSの役割そのものだ。 (ポータルサイトのカスタマイズサービス(MyYahoo!とか)も近いものがあるけど、完結してしまっているので、ちょっと違うかな)

そういう視点でこれからの動向を眺めたら、もうちょっといろいろなことが見えてくるかもしれない。

参考:

追記:

早くもGoogleが?

Google Homepage API

This entry was posted on 2005-10-16 08:10:00 GMT and カテゴリ , . You can follow any response to this entry through the Atom feed. or a trackback from your own site.

タグ


トラックバック

トラックバックリンク:
http://blog.netswitch.jp/trackbacks?article_id=22