おいしいコーヒーの作りかた

投稿者 nanki 2007-07-11 21:34:00 GMT

BRITAのフィルタがそろそろ交換時期だったので実験してみた。

概要

コーヒーをBRITAでろ過する。

手順

  1. もったいないので、ちょっと古そうな、既に挽いてある粉を使って、コーヒーメーカーでコーヒーを淹れる。
  2. 冷ます。(活性炭から余計な物質を呼び覚まさないように)
  3. 試飲。おいしくはないが、想像の範囲内。酸味はほとんど感じられず、香りも感じられない。辛いような苦み。
  4. ろ過。見た目はほとんど変わらない。
  5. 試飲。鼻を近づけると、みたらしの香り、苦味はなく、噛んじゃいけない錠剤を噛んだときのような、嫌な酸味。激マズ。

・・・

BRITAの中身は、フィルタと活性炭と陽イオン交換樹脂だそうで、コーヒーは酸性なので、陽イオン交換樹脂はあまり働いてないと思われる。

とすれば、苦味(とコク)の除去が行われただけであの酸味か。 普段あの酸味はどこへいっているのだろう。 辛いような苦味、の辛い部分はこれかもしれない。

この辺を見ると、ジカフェオイルキナ酸辺りがきな臭い。

そう考えるとおいしいコーヒーはまさに奇跡だなぁ。 非線形な味覚の神秘。

This entry was posted on 2007-07-11 21:34:00 GMT and カテゴリ , , . You can follow any response to this entry through the Atom feed. or a trackback from your own site.

タグ , ,


トラックバック

トラックバックリンク:
http://blog.netswitch.jp/trackbacks?article_id=8589