信号処理言語FAUST

投稿者 nanki 2007-08-29 03:05:00 GMT

DSP(Digital Signal Processing)用言語。
FAUST(Functional AUdio STream)

関数型言語で機能単位(ブロック?)を作り、あとはそのブロックを繋げるようにして全体を組み立てるらしい。 ノイズジェネレータとか、フィルター、アンプとかをケーブルで繋いで、変な音を作る様な感覚。

簡単なGUIを記述することもできて、パラメータをスライダやボタンで入力したりできるらしい。

ちょっと面白いのは、: <: :> , ~ といった記法で、ブロックダイアグラムを表現するあたり。 A の複数の出力をマージしてBの入力とする場合、A :> B と書けるそうな。 信号処理でよく使うフィードバックは ~

出力の数と入力の数が違ったりした場合のルールがよく分からないけど、ツボにはまれば楽しそう。

もう一つ興味深いことには、CVS版にLLVMのバックエンドがあるようで、この辺の実装も、力があれば眺めてみたい。自動でベクトル化(やりやすい分野なので)とかやってくれてそう。

ハードウェアのDSPにマッピングとかもやってくれないかしらん。

papers and documentationのPDFで一週間は楽しめそうだ。

参考:

This entry was posted on 2007-08-29 03:05:00 GMT and カテゴリ , . You can follow any response to this entry through the Atom feed. or a trackback from your own site.

タグ , , ,


トラックバック

トラックバックリンク:
http://blog.netswitch.jp/trackbacks?article_id=8596