点字が拓く新しい世界

投稿者 nanki 2013-04-15 16:55:00 GMT

特に理由もなく一年以上放置していましたが、特に理由もなく再開します。

最近、仮想端末をiTerm2にしたので、xterm-256使えるぞと思って色々遊んでいました。(*OSX標準のターミナルもいつの間にかxterm-256対応していた)

Unicodeには点字を表現するための文字群があり、2x3の点字64種類とそれを含む2x4の点字256種類で構成されています。 これはUnicode中で自由に制御できる最も解像度の高い文字群ではないかと思い、xterm-256と合わせて利用してみることにしました。

# ちなみにこんなのです
⠁⠂⠃⠄⠅⠆⠇⠈⠉⠊⠋⠌⠍⠎⠏⠐⠑⠒⠓⠔⠕⠖⠗⠘⠙⠚⠛⠜⠝⠞⠟⠠⠡⠢⠣⠤⠥⠦⠧⠨⠩⠪⠫⠬⠭⠮⠯⠰⠱⠲⠳⠴⠵⠶⠷⠸⠹⠺⠻⠼⠽⠾⠿

Step 1

まずは点字のみで、二値画像を表現してみます。 ちょうど新しい職場でPythonを使い始める時期だったのでPythonで、二値画像としては手頃なマンデルブロ集合を使います。

ポイントはWikipediaにもありますが、2x3の点字が最初のほうに固まっているので、ビットを入れ替える必要があるところとマンデルブロの綴りくらいでしょうか。

mandelbrot

Step 2

Pythonにも慣れてきたので次はいよいよxterm-256を使いますが、いきなりカラーは難しそうなのでグレイスケールを使います。

The 256 color mode of xtermによれば、xterm-256はシステムカラー16色、6階調RGBの216色、グレイスケール24段階の計256色で構成されており、 以下のシーケンスで前景色、背景色が指定できます。(ここだけRubyです)

print "\e[38;5;#{color}m" # 前景色
print "\e[48;5;#{color}m" # 背景色
# グラデーションがでます
$ ruby -e '24.times{|i|print"\e[48;5;#{232+i}m "};puts'

そうしてできあがったのが以下のコードです。

基本的には、切り出された2x4pixelsに対して最も暗い色と明るい色を前景色/背景色に選び、各pixelをどちらかに振り分けるだけなんですが、

  • 誤差拡散法
  • なるべく前景色/背景色が同じにならないようにする
  • ガンマ調整(のようなもの)

といった工夫によりかなり画質を向上させています。 興味のある方はコードを弄って、どれくらい画質に影響を与えているか見てみると楽しいかもしれません。

lena

Step 3

カラー対応といいたい所ですが、3次元から1次元へ削減を行わないといけなかったり、人間の色覚モデルを考慮するのが面倒そうだったりしてまだやってないです。


iPhoneアプリPhotosynthで鴨川デルタを撮影

投稿者 nanki 2011-04-20 10:14:00 GMT

こういうエントリはほとんど書かないんだけど、Photosynthはそのはじめのころからずっと見ていたし、首の消えてしまったおじさん(プライバシーに配慮して)の向うには出町ミスドがあるし、なによりPhotosynthが素晴らしかったので。

iPhone持ってる人は一度は試してみるべき。共有しなければアカウント作成とか要らない。

一部破綻が見られるけど、iPhoneで誰でも撮れるというのはかなりインパクト大きい。 bing map今からでもGoogleMapsと張り合える。

しかし相変わらず弱そうなソーシャルパートw 外部にライセンスするか、api公開していい会社買った方がいいものできそう。


WebSDL - Ruby/SDL × WebSocket/Canvas

投稿者 nanki 2010-06-23 02:42:00 GMT

Ruby勉強会@関西44の懇親会にて @cyross, @KazkiMatz さんらとSDLをWebSocketと組み合わせて…という話をしていておもしろそうだったので実装してみた。

websdl
青は@nanki, 赤は@ujm

github - WebSDL

  1. Ruby/SDLの画面描画を全て文字列としてシリアライズし、WebSocketで送信、Canvasに描画する。
  2. ブラウザ上で発生したイベントをWebSocketで送信、SDLのイベントモデルの中に還元してやる。

というのが基本的な仕組み。

# samples/sample1.rb
require 'rubygems'
gem 'rubysdl'
require 'sdl'
require 'websdl'

class TestFrame < Frame
  attr_reader :mx, :my, :color

  def initialize
    @color = 0xff000000 | (1..3).inject(0){|r,i|r << 8 | rand(0xff)}
    @mx = -100
    @my = -100
  end

  def open_screen
    SDL::Screen.open(640, 480, 32, SDL::HWSURFACE || SDL::DOUBLEBUF)
  end

  def mainloop(screen)
    screen.fill_rect(0, 0, screen.w, screen.h, 0)

    while event = SDL::Event.poll
      @mx, @my = event.x, event.y if SDL::Event::MouseMotion === event
    end

    frames.each do |f|
      screen.fill_rect(f.mx - 15, f.my - 15, 30, 30, f.color)
    end
    
    screen.flip
  end
end


SDL = WebSDL if ARGV.first == 'web'

SDL.init(SDL::INIT_VIDEO)
SDL.run(TestFrame, :host => '0.0.0.0', :port => 3000)

上記のようなコードで、

$ rsdl -Ilib samples/sample1.rb

ではSDLのウィンドウが起動し、

$ ruby -Ilib samples/sample1.rb web

でWebSDL版が起動するようになっている。 WebSDL版はsamples/test.html をWebSocket, Canvasに対応したブラウザで開く。

ただCanvasを使うだけでは芸が無いので、マルチユーザに対応、ユーザ間の情報共有にも対応してみた。

言うまでもなくProof of Conceptの段階であり、SDLの機能もdraw_rect, MouseMotion くらいしか実装していない。

また、0.1秒毎に更新しているのがかっこわるいが、適切なイベントに基づいた処理をすれば、パズルゲームやアドベンチャーゲームなど頻繁に画面更新のないものなら実用的なものができる可能性がある。 ウェブへぇボタンとかね。

問題点

一方、SDLのAPIは同期的なものもあり、SDL::Surface#get_pixel (画面上のピクセルの色を返す) などは現在の方法では実現が困難である。

参考:

死のイメージ

投稿者 nanki 2010-02-25 10:02:00 GMT

初めて人の死に接したのは、ひいおばあちゃんのお葬式で、4〜5歳くらいだった。
今でも覚えているが、別に悲しいことではなかった。
誰だかわかっていなかったし、親戚の家で行われた式だったが、その家にはお気に入りのおもちゃ群があって、僕が騒がないように親戚のお兄さんが遊んでくれた。

棺に花を詰め、霊柩車に載せて、火葬場まで行って、遺体が焼かれるのを見守った。
死んだ、というのはわかっていたが、生きている姿を見たことがなかったからか、眠っているような遺体をみんなで囲む会が催された、というだけだった。

それからしばらくして、バイオリンの練習をサボったかどで母親に怒られ、ふてくされて、布団にくるまりながら泣いている時に、初めて死を意識した。
といっても、母親に殺されそうになったとか、あまりのひどい仕打ちに自殺を考えたとかではなく、 母親の言い放った、空からひいおばあちゃんが見てるぞ、というような意味の言葉について考えていた。

全くくだらない脅しを言ったものだと思うけど、カーテンの隙間から曇った夜空を覗いてみて、今日は曇ってるから大丈夫だな、と思ったのを覚えている。

曇った空と、閉まったカーテンで、脅しの効果はなかったが、 その言葉から、死んだ後も意識が存続し続けるのだ、という概念を感じ取ったに違いない。

当時知り得た知識から、死とは、

  • 眠るようなもので、
  • 息をしてなくて、
  • しゃべれない、
  • 燃やされる、
  • 埋められる

というものだった。

意識の主体が、脳という物理的容器に束縛されていて(この認識の正しさは主張しないが)、 燃やされたらなくなってしまうということすらわかってなかったので、 眠りながら、息を止めて(ここまではやってみた)、燃やされて、埋められる、その間中ずっと喋れないのが何十年も(永遠に!)続くのを想像して怖くなり、 全然泣き止まなくて、この時ばかりは厳しくしすぎたと思ったのか、その晩だけは母親は優しかった、と思うのは美化された記憶かもしれない。

今では、死はそういうものではない、とわかってはいるものの、あの時見た死のイメージは今でも残っていて、死に対しては悲しさよりも恐怖、時には憤りすら覚える。


gem install opencv

投稿者 nanki 2009-03-15 05:28:00 GMT

portなどでopencvを入れて、普通にやるとcxcore.h がないとか文句言われるので、

⿶ sudo gem install opencv -- --with-opencv-include=/opt/local/include/opencv

とやったらいけた。

参考:

opencvのrubyバインディングが入らない - 橋本詳解


Web用画像処理言語purlにGyazoモジュール追加

投稿者 nanki 2008-10-30 18:11:00 GMT

purl にGyazoモジュールを追加しました。

デフォルト環境にはロードされないので、自分でロードする必要があります。

Purl::Purl.new のあたり。

# app/controllers/purl_controller.rb
class PurlController < ApplicationController
  caches_page :filter

  def filter
    begin
      result = Purl::StackMachine.new(
        params[:commands], Purl::Purl.new{|p| p.load_feature Purl::Features::Gyazo}).run
      send_data(result[-2], :type => result[-1], :disposition => 'inline')
    rescue => e
      render :status => 500, :text => 'error'
    end
  end
end

コード例

/purl/(a7d96c2ff64900f507ef9c8dab99f983):gyazo:5:round:5:5:5:5:extend:5:dropshadow:to.png gyazo

参考:

決定版! Rails用画像添付プラグインpurl

投稿者 nanki 2008-10-23 10:15:00 GMT

Rails pluginとして動く言語、purlを公開しました。

purl はクライアントサイドから柔軟な画像処理を行うために開発されました。 サムネイルの生成などを行うプラグインはいくつかありますが、そのどれよりも強力で汎用性、拡張性があります。

セットアップ

Rails2.1以上では、

$ script/plugin install git://github.com/nanki/purl.git

それ未満では、

$ git clone git://github.com/nanki/purl.git -- vendor/plugins/purl

gitが無い環境なら、githubのdownloadからファイルを落として、vendor/plugins/ に配置してください。

依存ライブラリ

  • 必須: ImageMagick, rmagick
  • あった方がいい: cairo, rcairo

その他

purl のデフォルトの環境では、画像の保存にデータベースを利用します。 imagesテーブルに、blob型のdataカラムを追加してください。

# app/models/image.rb
class Image < ActiveRecord::Base
  attr_readonly :data
end

その上で、ImageController#upload などに以下のように記述します。

# app/controllers/image_controller.rb
class ImageController < ApplicationController
  def upload
    Image.create(:data => params[:data].read)
  end
end

さらに、config/routes.rbを書き替え、purl が実行されるようにします。 書く場所は先頭に近い方がいいと思います。

# config/routes.rb
  map.connect 'purl/:commands',
    :controller => 'purl', :action => 'filter', :commands => /.*/
# app/controllers/purl_controller.rb
class PurlController < ApplicationController
  caches_page :filter

  def filter
    begin
      result = Purl::StackMachine.new(
        params[:commands], Purl::Purl.new).run
      send_data(result[-2], :type => result[-1], :disposition => 'inline')
    rescue => e
      render :status => 500, :text => 'error'
    end
  end
end

そんなこんなでセットアップは終わり。

言語

purl はURL上で記述されることを前提としています。 常にワンライナーであれ!

文法

purl は逆ポーランド記法を採用しています。 データと命令を書かれた順番にスタックマシンにプッシュしていき、命令が実行された結果がスタックマシン上につまれていきます。 命令列は最初に:で区切られ、数字としてパースできるものは数字へ、()で囲われた部分は文字列へと変換されます。

ポリシー

デフォルトで用意される全ての命令は、外部の値に依存しません。 つまり、命令列が決まれば実行結果は確定します。 このポリシーにより、全ての実行結果がキャッシュ可能になります。

サンプルコード

画像をそのまま表示

次の例では、load はスタック上に既にある数字1を消費して、ID=1のImage#dataをデータベースからロードして、スタック上にプッシュします。 to.png では、スタック上の画像データをPNG形式のバイト列に変換し、mimetypeとともにスタック上に積みます。

/purl/1:load:to.png

画像の形式を変換

次の例では、画像をGIF形式に変換しています。

/purl/1:load:to.gif

画像のリサイズ

次の例では、画像を100x100にリサイズしています。 リサイズ用の命令は、何種類か用意されており、高さを一定に保つ resize.heightや、上限を指定する、resize.upto などがあります。

/purl/1:load:100:100:resize:to.png

画像の合成

次の例ではふたつの画像を合成しています。

/purl/1:load:9:load:composite:to.png

次の例では順番を入れ替えています。

/purl/1:load:9:load:swap:composite:to.png

コメント

スタックに積んだ後すぐにpopすると、単純に無視されるので、コメントとして使えます。 キャッシュのライフサイクルコントロールなどに使えると思います。

/purl/1:load:(daily):pop:to.png

図形の描画

詳しくは解説しませんが、試験的にcairoの描画機能をベースにした図形描画命令を用意しています。 ctx命令で、指定したサイズのcairoコンテキストを準備し、xtc命令で実際にサーフェースへの描画を実行します。

/purl/80:80:ctx:40:40:moveto:40:40:40:-20:20:arc.ccw:1:0.3:0:rgb:fill:60:20:4:circle:0:0:0:rgb:fill:xtc:to.png

制限

実行結果をファイルとしてキャッシュする場合、ファイルシステムによる字数制限を受けます。

拡張

拡張は命令モジュールの追加という形で行います。 詳しくはソースコード見てください。

今後

  • 無名関数的なもの。
  • 外部から直接呼び出せない命令とか?
  • エラーメッセージとか?
参考:

ライフゲーム辞書 - Life Lexicon.dictionary

投稿者 nanki 2008-04-12 08:40:00 GMT

superstring

前回作成したライフゲーム辞書をちょこっと調整して、Quartz Compositionもより普通の書き方をするように直してみたので公開。 (前のは、一フレーム前を取るためにJavaScriptのMathオブジェクトにプロパティを作って…)

  1. LifeLexicon.zip を展開してできたLife Lexicon.dictionary を ~/Library/Dictionaries 以下に移動。
  2. Dictionary.appを再起動。

主な使い方は、宇宙(動いてる黒いの)を左クリックでリセット、AppleRemoteで停止、ステップ再生など。

download: LifeLexicon.zip(OS X 10.5用)

参考:

netswitch! | OSXのユーザ辞書の作り方

ライフゲイムの宇宙


Purl 実行環境!

投稿者 nanki 2008-02-23 21:47:00 GMT

shadow

:区切りの逆ポーランド記法言語、purlのランタイムを公開。

http://purl.netswitch.jp/purl/1:load:3:shadow:medium:to.png
上の画像のURLがそのままソースコードになっています。

こちらから画像をアップロードすると、統合開発環境に飛びます。

こんなかんじ

rubyruby

といったことが、URLだけで実現可能。


プログラミング言語 purl を ruby で実装

投稿者 nanki 2008-02-21 01:40:00 GMT

言語処理系を実装するのは、初めて(だと思う)

PostScript などと同じ逆ポーランド風の言語で、画像処理用途。

以下purlのソース。

2:load:dup:2:shadow:swap:composite:geom:1:load:100:100:4:pull:4:pull:crop:swap:composite:to.png

:がリテラルの区切り、その他は数字と演算子。 上のコードでは、2番の画像をロードして、ドロップシャドウしたものに1番の画像を背景として合成している。

ソースコード中に改行は入れられない。何故ならコードはURLの一部だから…

sample